フローリングの軽易な修理について

フローリングは材質が木であるために、家具をひきずったり、重量物を落とすなどといった、ちょっとした日常の動作でもキズがついてしまうことがあります。こうした場合、光の当たり方などによっては、小さなものでもかなり目立ってしまうものです。



フローリングのキズを修理する場合、キズのある場所すべてのフローリングを新品に交換してしまうというのが、もっとも手間がかからない方法ではありますが、年数が経てば色合いも変化しているはずですので、周囲と色合いが異なってかえって逆効果になってしまうということもめずらしくはありません。

さらに身近になった朝日新聞デジタルが最近こちらで話題になりました。

また、費用的にも新品交換ではかなりの負担になることはたしかであるといえます。

そこで、補修材を使って、キズの部分だけを目立たなくするような、軽易な修理を行うことがすすめられます。



日曜大工で行うのであれば、ホームセンターなどで売っている補修材を、キズのある部分に塗り込んで、余った部分はふきとり、その上から木目を描くという方法での修理が可能です。修理をプロの業者に依頼した場合であっても、実は手順としては日曜大工の場合とほとんど異なりません。


しかし、プロの業者の場合には、補修材の後処理や木目の描き方などをとっても、ほとんどキズがあったことを感じさせないレベルの仕上がりとなりますので、見た目を木にするのであれば、やはり日曜大工よりも業者への依頼が適当といえます。

この場合の費用については、基本的に作業にかかった時間と人数でカウントされます。


ためになる生活

長年住んでいるご自宅のフローリングは、きずかないうちに様々な傷や色あせが発生してきます。例えば椅子やテーブルの脚が原因による引っ掻き傷、お子様やペットの爪によるひっかき傷、更にはペットの粗相だったり水分をこぼしてしまった時のフローリング表面の浮きや染みなど。...

more

みんなの常識

東京には浴室リフォームを行なってくれる業者が多数あります。依頼をすれば、今よりも快適なお風呂に入る事ができるようになります。...

more

情報分析

家が古くなったり、長年住んでいると、風呂の老朽化も気になっている人が多いでしょう。マンションでも、中古で買ったり、築年数が経過していると、お風呂が古くなり、水回りのトラブルで困っている人も多いです。...

more

これからの住宅

東京で浴室リフォームを考えた時、気になる事のひとつが、期間です。工事が始まれば、その期間は自宅のお風呂を使えない事になります。...

more
top